優先レーンは、入出国審査にお並びいただく際の特別な列です。国際便でご出発、ご到着する両方の乗客にご利用いただけます。

出発ラウンジは、パスポート審査2および3にございます。到着ラウンジは、到着ビザ発行エリア近くの中央ゾーンにある入国審査(入国審査ゾーン2)にございます。次のご乗客は、優先レーンをご利用いただけます。
•優先レーンカード保有者(大半は、各航空会社が乗客向け施設に応じてビジネスクラスやファーストクラスの搭乗客に提供する優待サービスの対象者)。次の乗客もこのレーンを利用できます。
• 外交代表者(外交パスポート保有者)
• 役人(役人パスポート保有者)
• 航空会社乗員
• ABTC/APECメンバー
• BOI(タイ投資委員会) スタッフ(BOI発行の承認状が必要)
• タイの要人
• 仏教僧
• 高齢者(70歳以上)
• 障がい者
• 妊婦
• 幼児

APECビジネストラベルカード(ABTC)は、APEC域内を商用で旅行する乗客向けの旅行カードです。
APECビジネストラベルカード(ABTC)とは、アジア太平洋経済協力(APEC)の加盟国の商用旅行者の便宜を図るためのAPEC枠内のプログラムです。
ABTCは、ビザ(査証)に相当し、3年間有効です。

ABTCの保有者は、ABTCプログラムに参加するほかの経済領域にアクセスするために(商用ビザの代わりとして)パスポートと共に提示することができます。
現時点で同プログラムに参加しているAPEC加盟メンバーは、次の18の経済領域(全21の経済領域のうち)です。オーストラリア、ブルネイ、チリ、中国、香港、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、フィリピン、パプアニューギニア、シンガポール、タイ、台湾、ベトナム。米国も臨時メンバーとして同プログラムに参加していますが、ABTC保有者は米国入国前に、従前どおりビザを申請する必要があります。

短期間商用で旅行するABTCカードを保有するタイのビジネスマンは、ビザの申請をせずに、ABTCカードの裏面に記載される同プログラムのメンバーの国境にアクセスすることができます。ABTCカード保有者は、APEC諸国の国際空港の出入国審査で、APECメンバー用特別レーン(APECレーン)を利用することもできます。