旅行者はVAT(付加価値税)の払い戻しを申請できます。
1. タイ国民でないこと。
2. タイを出発する航空会社の乗組員でないこと。
3. 国際空港からタイを出国すること。
4. VAT払い戻しのロゴを掲示する店舗から品物を購入していること。
5. 購入総額が2,000バーツ以上であること。(VAT払い戻し申請書(P.P.10)にまとめた購入総額)
6. タイの永住者でないこと。

VATの払い戻しの対象外
1. VATの払い戻しの対象となるのは、物品のみです(サービスは含まれません)。
2. 物品は「VAT払い戻し(VAT Refund)」のロゴ表示のある店舗から購入されたものである必要があります。
3. 旅行者は、購入日から60日以内に、空港を経由してタイから物品を持ち出す必要があります。
4. 爆発物、銃器、台枠のない宝石の原石などの禁止物は、払い戻しされません。
5. 合計購入額は、2,000バーツ以上でなければなりません(各VAT払い戻し申請書(P.P.10)をまとめた購入総額)。
6. どの購入物もチェックイン前に、国際空港で税関職員による検査が必要です。

VAT払い戻し手続き:
1. VAT払い戻し申請書に税関のスタンプを押してもらいます。乗客ターミナル4階4番エントランスでの VAT払い戻しについて、税関検査官にお問い合わせください。
2. 航空会社のカウンターでチェックインします。高級品については、機内に持ち込み、出入国審査の確認後、VAT払い戻し事務所で品物を見せる必要があります。
3. 出入国審査を通過します。
4. P.P.10用紙を提出し、高級品をVAT払い戻し事務所に見せて、払い戻しを要請します(該当する場合)。

払い戻し対象VATの払い戻し申請書(P.P.10)。
1. 各申請書に記載する購入額は、2,000バーツ以上であること(VAT込み)。
2. 旅行者1人当たりの購入合計額(P.P.10全部をまとめた購入額)は、2,000バーツ以上であること。
3. 各P.P.10用紙の右下に関税職員の署名、および関税のスタンプと検査日が入っていること。
4. 宝石、金の装飾品、時計、メガネ、ペンなどの高級品で価額が1万バーツ以上であるものは、VAT払い戻し 事務所で再検査するために、携帯荷物とする必要があります。

VAT払い戻し事務所
ウェストサイド: 4階 コンコース D5 - D8
電話:02-134-0677-8
Fax:02-134-0672