自動パスポートチェックはパスポートを持っている外国人、30日の滞在期間でビザ免除対象となる参加国のビザ免除プログラムによる旅行書類です。 例えば、シンガポール、香港。そちらの方は自動パスポートチェックを利用できます。自動パスポートチェックは西ゾーン(zone1)にあります。A3-A8のチェックポイント、スワンナプーム空港


自動パスポートチェックの使用の基準と指導
1.基準:パスポートを持っている外国人、30日の滞在期間でビザ免除対象となる参加国のビザ免除プログラムによる旅行書類を持っている方

2. 使用説明
1. 自動入国審査チャンネルの上にパスポートを置きます。
2. 指紋をスキャンします。
3. 写真を撮影します。
4. 職員による承認を待ちます。 (自動入国審査チャンネルの裏)

*** 注記
1 . 自動入国審査チャンネルのシステムはこれまで改善されており、現在では初回使用時に自動的にシステムに登録される、ICAOパブリックキーディレクトリの電子証明書とデータをお持ちの外国人の情報をチェックすることができます。

2 . 不法滞在の外国人には、
自動入国審査チャンネルを使用する権利がありません。
そのため、これらの方は入国審査を使用して罰金を支払わなければなりません。

3. 設置場所 : 東到着ロビー入国審査周辺 (ゾーン 1)、 A7-A8チャンネル。

参考: 入国管理部門 2