空港のセキュリティ規則
• X線機械に乗せる前に荷物を以下のとおり区分します
    1. 持ち込み荷物
    2. 上着、スーツ
    3. ノートブック
    4. 100 ml以下の液体が入ったジップロック付きのプラスチックバッグ(各バッグの中身の合計が1リットルを超えないこと)。
    5. 空港の免税店で購入した液体、ジェル、スプレーは、開封の痕跡がない透明プラスチックバッグの中に入れたままにしておきます。旅行日と購入日が同じであるという証拠を、セキュリティ検査エリアの職員に申告する必要があります。

• 銃器、ナイフ、その他の危険物の持ち込みは禁じられています。許容量を超える液体もこの規定の対象となります。監督当局によって発見された上記アイテムは没収されます。

• 安全に旅行するために、当局職員に全面的に協力しましょう。

• セキュリティ検査エリアを離れる前に、荷物を確認してください。

• 荷物から目を離さないようにしてください。

• 空港内で目にする情報に注意してください。例:垂れ幕、パンフレット、アナウンス、LCDの情報画面 など

• 銃器や銃弾を機内に持ち込む必要が ある乗客は、チェックインカウンターで 航空会社に申告し、規則や規制に準拠 するようにしなければなりません。

• 空港内で違法行為に遭遇した場合、警備職員にお知らせください(スワンナプーム国際空港については、 02-132-4000か02-132-1911に 電話していただいても構いません)。

• 持ち主不在の荷物や物品を見つけた場合は、以下のように対処してください。
    1. こうした荷物は、絶対に触れたり、運んだり 動かしたりしないでください。
    2. すぐに監督当局にお知らせください。
    3. 可能であれば、監督当局が到着するのを待って、荷物の発見や補足情報の提供にご協力ください。
    4. 監督当局を待つ間、荷物に近づかないようにし、周囲の人にもその旨を伝えます。

• 出発時間の20分前までに搭乗ゲートに到着し、搭乗前のパスポートの検査とセキュリティ検査のために時間的余裕を持つようにしてください。