危険物規約
危険物:例 

1. 爆発物。  例:花火。

2. 様々なガス。三つの種類のガス:引火性のガス。例:昆虫スプレー。毒ガス。例:アンモニアガス。衝撃を受けた場合、爆発の可能性がある不引火性無毒ガス。例:炭酸ガス。

3.引火性の液体。例:ライターのオイル、酒精、油絵の具。

4.引火性の個体。三つの種類:引火性の個体。例:マッチ、亜硫酸。やけどをしやすい物質。例:綿スクラップ、黄燐。水に触った場合、引火性になるガス。例:炭化カルシウム 

5.酸化剤及び有機過酸化物。二つの種類:酸化剤。例:硝酸アンモニウム、過マンガン酸カリウム。有機過酸化物。例:過酸化ペルオキシド、メチルエチルケトンペルオキシド。

6.有毒が広がることがある物質。二つの種類ゆ:有毒な質物。例:殺虫剤、水銀化合物。菌が広がることがある物質。例:病菌など。

7.放射性物質。例:ウラン、コバルト60。

8.研磨剤。例:自動車の電池、腐食剤、水銀。

9.あらゆる種類の銃器と弾薬。

10.凶器。例:ナイフ、ナックル、刀、鋭いもの。

LAG(液体、エアゾール、ジェル)

機内持ち込み可能な液体類 :


       この規制の対象となる液体、ジェル、スプレーとは、飲料水、飲料、クリーム、ローション、オイル、スプレー、香水、ヘア用ジェル、歯磨き粉、制汗剤を指します。

1. 容量100 ml以下の容器に入ったあらゆる種類の液体、ジェル、およびスプレー。100 mlを超える容器は、どんなものであっても機内に持ち込めません。

2. 容器は全部、必ず封ができる透明のプラスチックバッグにまとめていれてください。合計容量は、1リットル(1,000 ml)を超えないようにしてください。

3. 100 mlを超える液体、ジェル、スプレーは、お預かり荷物に入れてチェックイン手続きを通過する必要があります。

4. この規制を免除される液体としては、適量のベビーフードと明確な処方箋付き医薬品が挙げられます。

5. 空港の免税店で購入した液体、ジェル、スプレーは、開封の痕跡がない透明プラスチックバッグの中に入れたままにしておきます。旅行日と購入日が同じであるという証拠を、セキュリティ検査エリアの職員に申告する必要があります。

       ただし、機内への液体の携帯に関する規制は国ごとに異なる場合があります。乗客は、購入前にご利用航空会社から情報を入手してください。